スポンサードリンク

2008年06月08日

転職活動の転職理由と実際の理由

就職活動において
転職理由は、後ろ向きなものや否定的な由ではなく前向きな
理由、肯定的な理由の方がはるかに望ましいとことだ考えら
れています。実際問題として心の底からプラスのみの転職
由で仕事を辞める人はどれほどでしょう。自分の今もってい
る能力を別の会社で伸ばしたい、今の会社には不満は何もな
い、とはっきりと言える人はごくわずかなのではないでしょ
うか。

一般的に
仕事を辞める理由の上位には、「残業が多くて仕事がきつく
体が保たない」「会社の人間関係がうまくいかない」などが
あげられています。しかし転職活動では、前向きな転職理由
が求められるようです。だからといって転職理由が給料が安
い、嫌な上司がいる、仕事がきついという、いわゆる後ろ向
きなもので辞めることはよくないという訳ではまったくない
のです。

転職理由を
自分の中ではっきりさせない状態で、今の環境をとにかく脱
出したいがために、会社をやめてしまうことはあまりよくな
いことでしょう。そのような状況では転職活動で仕事を探す
際のためにはならないでしょう。新しい仕事に転職理由を明
確にできないままついたとしても自分自身のために良いとは
いえません。これではまた気がつくと同じような状況になっ
ているということがあるからです。

転職活動でのべる
転職理由はどうあれ、実際に仕事を辞める際の転職理由は後
ろ向きでも逃げでも構わないのではないでしょうか。転職活
で重要なことは、その転職経験から何を得るかなのだとい
えるでしょう。
posted by 転職を応援します at 15:55 | TrackBack(0) | 転職活動の転職理由と実際の理由 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
事務系の最新お仕事情報をPicUp!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。